相談からご利用までの流れ

1.「働きたい」希望を担当者に相談する。

相談

通院している医療機関で相談する場合…
 @医療相談室の医療ソーシャルワーカーに相談をする
 A主治医、看護師、デイケアスタッフなどに相談をする

地域の相談機関で相談する場合…
 @市役所・役場内の障害福祉の担当窓口で相談する
 A最寄の障害者福祉センター・公共施設等の窓口で相談する

上記2ヵ所に該当しない場合…
 @市役所・役場の障害福祉担当課へ問合せをして、お近くの
  支援機関をお尋ねください。

矢印

2.担当者と事業所で見学日程の調整を行う。

調整

・見学には、できるだけ本人と担当者同行という形をとっていただければと思います。

・駐車場につきましては、それぞれの事業所により異なりますので、問い合わせの際にお尋ねください。

矢印

3.実際の現場の様子を見学していただきます。

見学

・事業所の説明と作業現場の見学をしていただきます。
 ご質問等があればお気軽にお申し出ください。

・本人の希望についても聞き取りをさせていただきます。

矢印

4.実習体験をします。

体験

・実際に事業所で体験をしてみて、雰囲気や作業内容について知ってもらう機会を設けています。

・各事業所によって、受け入れ体制が異なりますので、事前にお問い合わせ下さい。

矢印

5.「働きたい」と思ったら、在住の市町村の福祉事務所か障害福祉係に障害福祉サービス受給者証発行の申請手続きをします。発行後、事業所にて利用契約(あるいは雇用契約)を交わし利用開始です!

利用開始

働きたい!と思ったら…
 @障害福祉サービス受給者証の取得
  サービスを受けるために必要な証明書です。
  (詳しくは、市町村役場にお尋ねください)
 A本人の意志を確認して利用形態(利用日数・時間・作業
   内容等)を相談して決めます。
   その後、利用契約(A型事業所の場合は雇用契約)を交
   わして、利用開始です。

定員状況について…
・各事業所の定員の人数によって、空きがないこともありますので、その場合はお待ちいただくこともございます。